神奈川こどもNICU 早産児の育児応援サイト
神奈川こどもNICUに入院となった、体重が小さく(1500g未満)うまれたお子さんの育児を応援するために情報を提供するページです
◎ 相談したいことがあるときに
地域の保健師さんのこと お住まいの街や保健所には保健師さんがいます。
保健師さんは地域での生活、子育てを応援してくれる大切なサポーターです。
妊娠中からお母さんのからだと心、お子さんの成長発達の相談・支援を行っています。

ご自宅への訪問や電話、市区町村の窓口での相談、お子さんが生まれたあとは「こんにちは赤ちゃん訪問」として、全員のご自宅に訪問しています。
(市区町村によっては、訪問員や主任児童委員などが伺う場合もあります。)
乳幼児健診、予防接種、育児教室や子育て広場、産前産後ヘルパーなどの福祉制度、お子さんの発達相談など、その地域の育児・医療情報を教えてくれます。
保健師さんに相談したいときには、直接お住まいの市区町村の窓口に連絡するか、病院の看護師やソーシャルワーカーにご相談ください。

入院中から保健師さんと病院が一緒にご家族が安心して生活できるよう支援していくことができます。
NICU退院時にスムーズに保健師さんに支援してもらえるよう、ご両親の同意を得て、お子さんの入院の経過を病院から保健師さんへ情報提供することができます。
医療福祉相談室のこと 医療福祉相談室には、「ソーシャルワーカー」がいます。
妊娠中や出産後、さまざまな心配ごとがでてきたときには、お父さん・お母さんのお話をうかがいながら一緒に考えます。
医師・看護師などにお声がけくださるか、1階会計窓口ちかくのF番:保健福祉相談窓口にお立ちよりください。
 
    ☆たとえばこのようなときにご相談ください
      
  • 医療制度、福祉制度や手続きがしりたい
  • 退院後の生活が心配 
  • 同じ病気の仲間や親の会を知りたい
  • 誰かに話しをきいてもらいたい 
  • どこに聞いていいかわからないことがある

TOP