神奈川こどもNICU 早産児の育児応援サイト
神奈川こどもNICUに入院となった、体重が小さく(1500g未満)うまれたお子さんの育児を応援するために情報を提供するページです
◎ NICUってどんなところ?
写真でみるNICU -- 2019年9月に病棟がリニューアルオープンしました 神奈川県立こども医療センター NICU(Neonatal Care Unit) 新生児集中治療室と赤ちゃんやご家族の様子をご紹介します * ホームページへの写真の掲載には同意をいただいております。転用はご遠慮ください。

NICU病棟・新生児病棟の入り口です。
壁には、NICUを卒業したみなさんが送ってくださったメッセージや、
ファミリーフォト(NICUアンバサダーによる撮影会。参照:「がんばれ!小さき生命たちよ」)の写真が飾られています。
入り口の前には家族コーナーがあります。休憩などにお使いください。
奥のプレイコーナーでは、お兄ちゃん、お姉ちゃんが遊ぶことができます。
関連書籍棚の本は貸し出しできます。貸し出しノートがありますので、看護師に声を掛けてください。
プロジェクターが映し出す光や映像には、緊張を和らげる効果があるといわれています。
受付の用紙に必要事項を記入した後、白いセンサーにIDカードをかざすと、ドアが開きます。
ロッカーやコート掛けをご利用ください。お部屋に入るときは、指輪や時計を外し、きれいに手を洗いましょう。
右端にこども用の背の低い手洗い場があります。きょうだいが一緒に面会するときにご利用ください。
「面談室(写真右)」は、医師やスタッフとご家族で赤ちゃんについてお話をする場所です。

ドアの先に廊下があります。
奥の右側にNICU病棟、左側に新生児病棟があります。
NICU病棟・新生児病棟の見取り図です(クリックすると大きくなります)。

NICU病棟です。
ご家族が赤ちゃんと一緒に滞在できる個室が6部屋あります。
個室には、きょうだいを含めたご家族がゆっくり座ることが出来る椅子や、横になって休めるベッドも置いてあります。

スタッフステーションに壁はありません。気軽に声をかけてください。
搾乳機はベッドサイドに移動して、赤ちゃんの側で搾乳します。
長くNICUで過ごす家族やスタッフが外の光を感じられるよう、NICUの窓は大きくなりました。
ブラインドを開けて、自然の光を取り入れています。
昼間は窓の光がしっかり入る、明るい光環境になりました。
夜間は、ケアを行うときには光が周囲に漏れにくいスポットライトを使用し、隣の赤ちゃんや面会中の家族に影響が少ないようにしています。

NICU病棟にいる頃の、面会中の様子(リニューアル前の病棟です)
ちいさなちいさな手・・頑張っているね。
お母さん一緒にいるよ。大丈夫だよ
お母さんの声と手
そばにいてくれているって
ちゃんとわかっているよ
なんだか眠くなっちゃう・・・
あったかいなぁ
とっても いいきもち
母乳をつけた綿棒を
赤ちゃんのお口にそっとふくませています
吸うような、味わうようなしぐさをしてくれることもあります
お父さん 赤ちゃんの体温を
とても優しく測っています
赤ちゃん気づいていないのかな?
ぐっすり眠っているようです

面会中のご様子 状態が安定してきたころ(リニューアル前の病棟です)
お母さんのお胸の上で
ぽかぽか気持ちいいなぁ
いいにおいだなぁ
カンガルーケアしていると・・・
お父さんもなんだか・・・
眠くなっちゃう・・・
(赤ちゃんをしっかりホールドしています)
お父さんが
優しく身体を
ふいてくれたよ〜
くすぐった〜い!

さらに状態が安定すると 隣のお部屋(新生児病棟)に移動します。
保育器のまわりの器械は減っています。
閉鎖型の保育器を卒業し、開放型の保育器や、「コット」とよばれる赤ちゃん用のベッドで過ごす赤ちゃんが多くなります。
状態が安定すると、お洋服を着るようになります。

面会中のご様子 保育器から卒業したころ(リニューアル前の病棟です)
抱っこ
気持ちいいなぁ
眠くなっちゃう・・・
お姉ちゃんが会いに来てくれました
安心してぐっすり眠っていますね。
おっぱいの練習もはじめたよ
あったかいなぁ  おいしいなぁ
お母さんの顔をじっと見つめているようです
握っていると
安心するのよね〜
ここにいてネ

さらに状態が安定すると、赤ちゃんは「コット」(赤ちゃん用のベッド)で過ごします。
赤ちゃんのまわりの器械はずいぶん少なくなり、モニターや酸素のみとなることが多いです。

退院の近い赤ちゃんの 面会中のご様子(リニューアル前の病棟です)
お風呂だよ〜 気持ちいいね
お父さん 緊張しながら
がんばっています
お母さんのことをじっと見つめています
ごくごく、一生懸命飲んでいます
おうちに帰ったら
一緒にお風呂はいろうね
新しくなった新生児病棟の様子

入り口のドアから左へ行くと、新生児病棟です。
明るい沐浴室で、ゆっくりお風呂に入れられるようになりました。
NICU病棟と比べると、赤ちゃんの周りの電子機器が減り、ベッドの形も違っています。
キッズチェアもあるので、小さなきょうだいを連れてきても大丈夫です。
ファミリールーム

家族だけで過ごすことのできるお部屋(ファミリールーム)が2部屋になりました。シャワールームも完備しています。
ここで、ご自宅のような気分で模擬外泊ができます(この写真は、リニューアル前のファミリールームです)。

TOP