神奈川こどもNICU 早産児の育児応援サイト
神奈川こどもNICUに入院となった、体重が小さく(1500g未満)うまれたお子さんの育児を応援するために情報を提供するページです

大きくなってからのこと

3歳から6歳頃のこと 言葉が増え、行動範囲が広がって、ほかの子どもや家族以外の大人とも少しずつコミュニケーションをとれるようになってきます。
また、身の回りのこと(着替え、トイレ、食事)がだんだん自分でできるようになります。
外来では、体格の追いつきを確認し、言葉・お友達と仲良くできるか、幼稚園や保育園など集団にはいってからの様子をおたずねします。
状況によって、療育センターへの相談をおすすめすることもあります。

*体格のこと*
外来では体重、身長、頭囲がバランスよく発育していることを見守ります。
早く生まれたお子さんでは、3歳までは修正月齢を基準としますが、3歳頃からは修正ではなく、歴月齢を基準とします。
低身長が持続している場合、原因によっては一定の基準を満たした場合に成長を促進する治療を行うことができます。そのため、内分泌科への相談をおすすめすることがあります。

*幼稚園や保育園に行くときに*
同じ年頃の子どもたちと一緒に過ごすなかで、言葉や、できることが増えていくお子さんが多くいらっしゃいます。
初めてのことや初めての場所に戸惑いやすいお子さんもいますので、前もって親子教室や保健センター、地域の行事などで、ご自宅以外の場所やほかのお子さんとの交流に少しずつ慣れるよう、準備をしておくとよいでしょう。
決められた時間にごはんを食べる練習、おでかけの支度や片付けを一緒にすることなども、ご家庭でできる準備のひとつです。

*小学校入学にむけて*
退院後の外来では、お子さんの発達の経過や地域の学校の状況などについて相談しながら、就学にむけての相談も行っています。
当院で2002年から2007年に出生された在胎23〜25週の赤ちゃんでは、小学校入学の時点で通常の学級に入学したお子さんがおよそ6割でした。
特別支援学校に入学したお子さんは2%でした。
その他のお子さんは支援学級(固定学級)や、通常の学級に所属しながら通級を利用していました。

小学校高学年になり勉強が難しくなると、なかには個別の支援があった方がより学びやすい・楽しいと感じ、所属する学級の変更を検討するお子さんもいます。
放課後に個別塾などで学習を補うお子さんもいます。
適切な学習環境を選択し、その後の様子を見守ることは、お子さんが楽しく学校に通い、さまざまなことを身につけるためにとても大切です。

TOP