神奈川こどもNICU 早産児の育児応援サイト
神奈川こどもNICUに入院となった、体重が小さく(1500g未満)うまれたお子さんの育児を応援するために情報を提供するページです
◎ 大きくなってからのこと
3歳から6歳頃のこと 言葉が増え、行動範囲が広がって、ほかの子どもや家族以外の大人とも少しずつコミュニケーションをとれるようになってきます。
また、身の回りのこと(着替え、トイレ、食事)がだんだん自分でできるようになります。
外来では、体格の追いつきを確認し、言葉・お友達と仲良くできるか、幼稚園や保育園など集団にはいってからの様子をおたずねします。
状況によって、療育センターへの相談をおすすめすることもあります。

*体格のこと*
外来では体重、身長、頭囲がバランスよく発育していることを見守ります。
早く生まれたお子さんでは、3歳までは修正月齢を基準としますが、3歳頃からは修正ではなく、歴月齢を基準とします。
低身長が持続している場合、原因によっては一定の基準を満たした場合に成長を促進する治療を行うことができます。そのため、内分泌科への相談をおすすめすることがあります。

*幼稚園や保育園に行くときに*
同じ年頃の子どもたちと一緒に過ごすなかで、言葉や、できることが増えていくお子さんが多くいらっしゃいます。
初めてのことや初めての場所に戸惑いやすいお子さんもいますので、前もって親子教室や保健センター、地域の行事などで、ご自宅以外の場所やほかのお子さんとの交流に少しずつ慣れるよう、準備をしておくとよいでしょう。
決められた時間にごはんを食べる練習、おでかけの支度や片付けを一緒にすることなども、ご家庭でできる準備のひとつです。

*小学校入学にむけて*
退院後の外来では、お子さんの発達の経過や地域の学校の状況などについて相談しながら、就学にむけての相談も行っています。
当院で2002年から2007年に出生された在胎23〜25週の赤ちゃんでは、小学校入学の時点で通常の学級に入学したお子さんがおよそ6割でした。
特別支援学校に入学したお子さんは2%でした。
その他のお子さんは支援学級(固定学級)や、通常の学級に所属しながら通級を利用していました。

小学校高学年になり勉強が難しくなると、なかには個別の支援があった方がより学びやすい・楽しいと感じ、所属する学級の変更を検討するお子さんもいます。
放課後に個別塾などで学習を補うお子さんもいます。
適切な学習環境を選択し、その後の様子を見守ることは、お子さんが楽しく学校に通い、さまざまなことを身につけるためにとても大切です。

6歳から9歳頃のこと 小学校入学後、学校生活で困っていることがないか見守ります。
学校生活に慣れ、楽しく過ごすことができるようになるお子さんが多いのですが、勉強が難しくなってくるにつれて、得意なこと・苦手なことのアンバランスが徐々にでてくるお子さんもいます。
「算数は得意だけど漢字を書くのは苦手」「計算するのは得意だけど文章問題は苦手」「図工は得意で体育は苦手」など、お子さんによって様々です。
得意なことはきちんとできるのに、苦手なことにうまく取り組めないために、学校の先生に「真面目にやっていない」「やる気がない」と誤解されてしまうことがあります。
大勢のお友達と一緒に過ごすと勉強に集中できない、お友達と仲良くするのが苦手、などで自信をなくしてしまい、学校に行きたくなくなることもあります。
お子さん自身が原因や理由をうまく説明できずに困っていることもあります。
適切な手助けや、環境を整えることで充分に力を発揮できる可能性がありますので、ご家庭や学校での様子を外来でお伝えいただき、必要な対応について相談しましょう。

*思春期早発症*
思春期のからだの変化は一般的に女の子で10歳頃、男の子は12歳頃です。
それよりも2-3年早く始まってしまうのが思春期早発症です。
早期にからだが変化することに伴い、一時的に身長の伸びがすすんだのち、最終的な身長が小柄のまま止まってしまいます。
幼い年齢でからだの変化がおきると、お子さんやまわりの人がとまどうことがあります。
年齢や症状に応じて検査や治療を行う場合があり、内分泌科への相談をおすすめします。

【このような変化を念頭においておきましょう】
    * 女の子
  1. 7歳6ヶ月より前に乳房が発育してくる
  2. 8歳未満で陰毛がはえる
  3. 10歳6ヶ月未満で月経がはじまる
    * 男の子
  1. 9歳未満で精巣、陰茎、陰嚢などが明らかに発育する
  2. 10歳未満で陰毛がはえる
  3. 11歳未満で脇毛、ひげ、声変わり

小学校高学年のころ 特別な問題がなければ、外来通院を卒業する時期です。
心配なこと、相談したいことがあればお子さんやご家族の状況に応じて年1回程度のフォローを継続することもできます。

*呼吸機能のこと*
1000g未満で出生し、とくに慢性肺疾患(酸素投与を必要とするような呼吸窮迫の症状が生後28日をこえて続く)といわれる状態にあったお子さんでは、大きくなって普段は症状がでていなくても呼吸機能に余力のないお子さんがいます。
1000g未満で出生した6歳以上のお子さんが詳しい肺機能検査をうけると、4-5割のお子さんで肺機能障害が認められたとの報告があります。
小学校高学年になり、激しい運動や部活動に参加すると、疲れやすい、苦しくなりやすいと感じることがあります。
無理をせず休憩をもらえるようにしましょう。症状がつらいときにはご相談ください。

思春期〜成人のころ 日本で未熟児医療がはじまったのは1940年代のころからです。
近年、早産・低出生体重のお子さんの長期的な予後(病気や症状のその後の経過のこと)について、さまざまな研究結果が報告されるようになってきました。
ご両親のもとを離れてからのためにも、生まれたときのこと、頑張ってきたこと、これから気をつけていくことなど、理解ができるようになるとよいでしょう。

*腎機能のこと*
近年、早く小さく生まれたお子さんで後に「慢性腎臓病」を発症するリスクが健常児よりも高いことが報告されています。
腎臓病には様々な種類があり、慢性腎臓病は慢性に経過するすべての腎臓病のことを指します。
初期には自覚症状がなく、進行するとだるさやむくみなどの症状がでてきます。
早期発見のためには血圧測定や尿検査を定期的にうけることが大切です。
学校検尿や職場の健診で異常を指摘されたときには、自覚症状がなくても放置せず、医療機関を受診するようにしましょう。

*生活習慣病のこと*
高血圧、高脂血症、2型糖尿病、肥満などの「生活習慣病」は、食生活や運動、喫煙、ストレス、飲酒などの生活習慣が発症や進行に関与すると考えられている病気の総称です。
早く小さく産まれたことや、胎児期から生後早期におかれた特殊な栄養状態・環境が、成人期や老年期に生活習慣病の発症リスクを高めることに関連するとの報告が近年注目されています。
思春期以降は、食事をはじめとする生活習慣がさまざまな要因で変化していく時期です。不規則な食事や生活リズムにならないようなるべく気をつけましょう。また成人になっても飲酒はほどほどに、喫煙や受動喫煙は避けましょう。

TOP