神奈川こどもNICU 早産児の育児応援サイト
神奈川こどもNICUに入院となった、体重が小さく(1500g未満)うまれたお子さんの育児を応援するために情報を提供するページです
◎ 大きくなってからのこと
3歳から6歳頃のこと 言葉が増え、行動範囲が広がって、ほかの子どもや家族以外の大人とも少しずつコミュニケーションをとれるようになってきます。
また、身の回りのこと(着替え、トイレ、食事)がだんだん自分でできるようになります。
外来では、体格の追いつきを確認し、言葉・お友達と仲良くできるか、幼稚園や保育園など集団にはいってからの様子をおたずねします。
状況によって、療育センターへの相談をおすすめすることもあります。

*体格のこと*
外来では体重、身長、頭囲がバランスよく発育していることを見守ります。
早く生まれたお子さんでは、3歳までは修正月齢を基準としますが、3歳頃からは修正ではなく、歴月齢を基準とします。
低身長が持続している場合、原因によっては一定の基準を満たした場合に成長を促進する治療を行うことができます。そのため、内分泌科への相談をおすすめすることがあります。

*幼稚園や保育園に行くときに*
同じ年頃の子どもたちと一緒に過ごすなかで、言葉や、できることが増えていくお子さんが多くいらっしゃいます。
初めてのことや初めての場所に戸惑いやすいお子さんもいますので、前もって親子教室や保健センター、地域の行事などで、ご自宅以外の場所やほかのお子さんとの交流に少しずつ慣れるよう、準備をしておくとよいでしょう。
決められた時間にごはんを食べる練習、おでかけの支度や片付けを一緒にすることなども、ご家庭でできる準備のひとつです。

*小学校入学にむけて*
退院後の外来では、お子さんの発達の経過や地域の学校の状況などについて相談しながら、就学にむけての相談も行っています。
当院で2002年から2007年に出生された在胎23〜25週の赤ちゃんでは、小学校入学の時点で通常の学級に入学したお子さんがおよそ6割でした。
特別支援学校に入学したお子さんは2%でした。
その他のお子さんは支援学級(固定学級)や、通常の学級に所属しながら通級を利用していました。

小学校高学年になり勉強が難しくなると、なかには個別の支援があった方がより学びやすい・楽しいと感じ、所属する学級の変更を検討するお子さんもいます。
放課後に個別塾などで学習を補うお子さんもいます。
適切な学習環境を選択し、その後の様子を見守ることは、お子さんが楽しく学校に通い、さまざまなことを身につけるためにとても大切です。

6歳から9歳頃のこと 小学校入学後、学校生活で困っていることがないか見守ります。
学校生活に慣れ、楽しく過ごすことができるようになるお子さんが多いのですが、勉強が難しくなってくるにつれて、得意なこと・苦手なことのアンバランスが徐々にでてくるお子さんもいます。
「算数は得意だけど漢字を書くのは苦手」「計算するのは得意だけど文章問題は苦手」「図工は得意で体育は苦手」など、お子さんによって様々です。
得意なことはきちんとできるのに、苦手なことにうまく取り組めないために、学校の先生に「真面目にやっていない」「やる気がない」と誤解されてしまうことがあります。
大勢のお友達と一緒に過ごすと勉強に集中できない、お友達と仲良くするのが苦手、などで自信をなくしてしまい、学校に行きたくなくなることもあります。
お子さん自身が原因や理由をうまく説明できずに困っていることもあります。
適切な手助けや、環境を整えることで充分に力を発揮できる可能性がありますので、ご家庭や学校での様子を外来でお伝えいただき、必要な対応について相談しましょう。

*思春期早発症*
思春期のからだの変化は一般的に女の子で10歳頃、男の子は12歳頃です。
それよりも2-3年早く始まってしまうのが思春期早発症です。
早期にからだが変化することに伴い、一時的に身長の伸びがすすんだのち、最終的な身長が小柄のまま止まってしまいます。
幼い年齢でからだの変化がおきると、お子さんやまわりの人がとまどうことがあります。
年齢や症状に応じて検査や治療を行う場合があり、内分泌科への相談をおすすめします。

【このような変化を念頭においておきましょう】
    * 女の子
  1. 7歳6ヶ月より前に乳房が発育してくる
  2. 8歳未満で陰毛がはえる
  3. 10歳6ヶ月未満で月経がはじまる
    * 男の子
  1. 9歳未満で精巣、陰茎、陰嚢などが明らかに発育する
  2. 10歳未満で陰毛がはえる
  3. 11歳未満で脇毛、ひげ、声変わり

*読み書きスクリーニング*
小学校に上がってからのフォローアップ外来では、お子さんの「読む」「書く」ことについて保護者の方に簡単なチェック表への記入をお願いすることがあります。
読み書きの苦手さが疑われた場合には、言語聴覚科で「ひらがな読み検査」を行います。 読み書きの苦手さがあるという結果が出た場合、希望があればより詳しい検査を行った上で、学習についてのアドバイスをさせていただくことができます。

小学校高学年のころ 特別な問題がなければ、外来通院を卒業する時期です。
心配なこと、相談したいことがあればお子さんやご家族の状況に応じて年1回程度のフォローを継続することもできます。

*呼吸機能のこと*
1000g未満で出生し、とくに慢性肺疾患(酸素投与を必要とするような呼吸窮迫の症状が生後28日をこえて続く)といわれる状態にあったお子さんでは、大きくなって普段は症状がでていなくても呼吸機能に余力のないお子さんがいます。
1000g未満で出生した6歳以上のお子さんが詳しい肺機能検査をうけると、4-5割のお子さんで肺機能障害が認められたとの報告があります。
小学校高学年になり、激しい運動や部活動に参加すると、疲れやすい、苦しくなりやすいと感じることがあります。
無理をせず休憩をもらえるようにしましょう。症状がつらいときにはご相談ください。

思春期〜成人のころ 日本で未熟児医療がはじまったのは1940年代のころからです。
近年、早産・低出生体重のお子さんの長期的な予後(病気や症状のその後の経過のこと)について、さまざまな研究結果が報告されるようになってきました。
ご両親のもとを離れてからのためにも、生まれたときのこと、頑張ってきたこと、これから気をつけていくことなど、理解ができるようになるとよいでしょう。

*腎機能のこと*
近年、早く小さく生まれたお子さんで後に「慢性腎臓病」を発症するリスクが健常児よりも高いことが報告されています。
腎臓病には様々な種類があり、慢性腎臓病は慢性に経過するすべての腎臓病のことを指します。
初期には自覚症状がなく、進行するとだるさやむくみなどの症状がでてきます。
早期発見のためには血圧測定や尿検査を定期的にうけることが大切です。
学校検尿や職場の健診で異常を指摘されたときには、自覚症状がなくても放置せず、医療機関を受診するようにしましょう。

*生活習慣病のこと*
高血圧、高脂血症、2型糖尿病、肥満などの「生活習慣病」は、食生活や運動、喫煙、ストレス、飲酒などの生活習慣が発症や進行に関与すると考えられている病気の総称です。
早く小さく産まれたことや、胎児期から生後早期におかれた特殊な栄養状態・環境が、成人期や老年期に生活習慣病の発症リスクを高めることに関連するとの報告が近年注目されています。
思春期以降は、食事をはじめとする生活習慣がさまざまな要因で変化していく時期です。不規則な食事や生活リズムにならないようなるべく気をつけましょう。また成人になっても飲酒はほどほどに、喫煙や受動喫煙は避けましょう。

学校のこと *学校にまつわる ことば* 〜 就学にあたり 目にする機会の多い言葉を解説しています 〜
  • 「通常の学級」一般級と呼ばれることも)
    • 1学級あたり児童40人(小1のみ35人)
    • カリキュラム通りの授業が行われます。
    • 低学年では担任以外に補助の先生がつくことがあります。
    • 個別の支援が必要な場合には、教育委員会の判定を受けて通級指導教室を利用することができます。
  • 「通級指導教室」(通級)
    • 通常の学級に在籍しながら、週に数時間、それぞれの困りごとや課題に応じて個別の支援(指導)を受けることができます。
    • 困りごとの種類に応じて、支援を受ける教室の種類が異なります。
    • 学校によっては、その児童に必要な種類の教室が設置されていない場合があり、地域の他の学校の教室へ通う場合があります。
    • 神奈川県では(平成28年度)通級指導教室は全小学校の9.9%、全中学校の2.1%、特別支援学校5校に設置されています。通級による指導・支援を受けている児童生徒(小中学校合わせて)のうち、在籍する学校で指導・支援を受けられているのは21%です。設置の基準は明確でなく、自治体によって判断が異なります。
  • 「特別(個別)支援学級」
    • 1学級あたり児童8人
    • 個別の支援(指導)計画に沿った授業が行われます。
    • 給食の時間や、体育、得意な科目など児童の状況に合わせて通常学級に移動して過ごす交流級を利用することがあります。
    • 中学校では、内申点が付かず一般の公立高校受験がしづらい場合があります。
  • 「特別支援学校」
    • 1学級あたり児童6人(2つ以上の障害を併せ持つ場合は3人)
    • 個別の支援(指導)計画に沿った授業が行われます。
    • 特別支援学校の教員は通常の教員免許の他に特別支援学校の教員免許を取得しています。
  • 「就学相談」
    • こどもの就学先について相談したい場合は、地域の教育委員会へ就学相談を申し込むことができます。通常は就学前年の5-6月に相談の申し込みが開始になります。自治体により異なるので、広報紙や自治体のウェブサイトなどで申し込み時期や方法を確認します。申し込みをしなかった場合にも、就学時健診(10-11月)を受けた際に、就学相談をすすめられることもあります。
    • 就学相談の目的は、こどもが学校で学ぶにあたり配慮が必要なことについて保護者や学校関係者が情報を交換し、その上で、こどもの持っている力を発揮できるような環境や支援の方法について一緒に考え準備することです。
    • 通級指導教室の利用や支援学級、特別支援学校に通う場合には、教育委員会での判定が必要となります。
    • 就学相談を担当するのは教育委員会の担当者や医師、心理士などです。
  • 「特別支援教育コーディネーター」
    • 全ての小・中学校には特別支援教育コーディネーターがいます。
    • 児童・生徒本人や保護者の困りごとについて相談の窓口となり、担任の先生だけでなく校内の関係職員や外部の専門機関などと必要に応じて連携しながらチームで支援の方法を考える調整役となってくれます。
    • 担任の先生を通しての相談のほか、生徒指導担当の先生、養護の先生から連絡してもらうことや、コーディネーターに直接電話で連絡を取ることも可能です。 保護者の方が相談しやすい先生に連絡をするのが良いでしょう。
  • 「スクールカウンセラー」
    • 児童・生徒や保護者の困りごとについて、臨床心理についての専門的な知識にもとづいてサポートします。(カウンセリングや心のケア)
    • 担任の先生や生徒指導担当の先生、特別支援コーディネーターを通して連絡するのが一般的です。相談方法は「スクールカウンセラー便り」など年度はじめに配布されるプリントに記載されることが多いので、確認しておくと良いでしょう。
*先生に聞いてみた! あんなこと こんなこと どうしたらいい??*
中学校教員として、特別支援教育に専門的に携わっておられる神奈川こどもNICU卒業生の親御さんに、就学や学校とのやりとりについて、お話を伺いました。
通常学級や支援学級など進学先で悩むとき、どのように考えたら良いでしょうか。
発達検査の結果だけでなく、こどもの集団生活への適応度やこどもの満足感、親としての想いも考慮することが大切です。保育園・幼稚園の先生や、療育を受けているならば療育の担当者、発達検査に関わる臨床心理士さんの意見も聞いてみると良いでしょう。学習の理解度だけでなく、取り組み方や行動の仕方などに目を向けることで、選択の方向性が変わることもあります。
こどもは成長していくので、成長に合わせて在籍する学級や支援の内容を再検討することも必要です。将来を見据えた環境整備を、成長の段階ごとに考える必要があります。こどもの状態を見ながら、短期・長期的に目標を設定して、定期的に学校や医療・療育機関と相談していくことが大切です。
就学相談や就学時健診ではどのようなことを伝えたら良いでしょうか。
こどもの状態、得意なことや苦手なことをよく理解して伝えることが大切です。幼稚園・保育園の先生や療育センター、医療機関などと就学に向けた相談をした場合には、その内容を伝えます。就学予定の学校と事前に面談ができていればその内容を伝えます。学校との面談は、保育園・幼稚園を通して、または直接学校に連絡して申し込むことができます。就学時健診ではあまり多くのことは伝えきれないので、別日(または入学後すぐ)の面談を申し込むのがおすすめです。
就学前や後に学校の先生(校長先生など)と面談するときに確認すべきことはありますか?
こどもの状況や学校での支援に必要な情報は定期的に(学年が変われば、そのたびに)学校へ伝えることが大切です。繰り返し話をする機会をもつことで支援が変わることもあります。
就学前であれば保育園・幼稚園と就学する学校との引き継ぎが行われているかどうか。就学後は、就学前に相談した内容が担任の先生や学年主任などに伝わっているかどうか。こどもの指導方法について学校全体で共有できているかどうかを確認します。
教職員間での伝達があっても、保護者が直接思いを伝えることは重要です。 学校との面談は、担任の先生だけでなく、学年主任や特別支援コーディネーター、児童支援専任(横浜市)、養護教諭など学校全体を見ている教員を入れてもらうこと、複数での対応をお願いすると良いです。また相談をする側も、親は一人でなくできれば両親、祖父母など複数で臨む方が良いでしょう。
先生であり、親御さんでもある立場から、就学を迎える親御さんにアドバイスをお願いします
こどもの得意なこと、苦手なことをよく理解するのが大事だと思います。 「できないことでイライラしてしまう」ということを親自身が常に頭に入れておくことです。(それでもつい、イライラしてしまいます)他のこどもと比べることは仕方ないことです。でも、こどもの前では言わない、態度に出さないように気をつけています。相談できる人、悩みを共有できる人を見つけましょう。こどもの状態を、こどもの養育に関わる人みんなが受容できるような環境づくりができると良いです。親が受容することは、こどもの気持ちを安定させ、発達を促すことに繋がると思います。

どうする? 子どもの偏食・好き嫌い * こんな悩みはありませんか?ここは、これらの悩みを改善するためのコーナーです。
  • 食べる量が少なく、決まったものしか食べない。
  • 新しいものに手を付けず、吐き出す、投げる。
  • 遊びに夢中で食卓につかない。
  • 座らせてもすぐに席を立ち、なかなか戻ってこない。
  • 食べ物で遊び、食べようとしない。
  • 食べ物や食器を投げる、たたく。
  • 食事の時間に親が怒ってばかり。
1早く小さく生まれると、偏食や好き嫌いが多いの?
  • 飲んだり食べたりすることについての課題は、「25週未満で生まれたこどもでは37週以降で生まれたこどもの3.6〜5.2倍多い」という報告があります。
  • 早く生まれたこどもの親の5〜8割が、こどもに食べさせるためにご褒美をあげたり、ながら食べをさせたり、食事の中身について心配しているという報告があります。
  • 飲んだり食べたりすることについての問題は、月齢が進むと徐々に改善するとも報告されています。

<当院の1500g未満で生まれたこどもをもつお母さんへのアンケート調査結果>
  • 離乳食の開始時期や進み具合は、修正月齢を考慮してもなお、幅がありました。理由は身体的、精神的な発達段階にも幅があるためです。
    食事の進め方は修正月齢のみにとらわれず、発達の様子やこどもの表情を見ながらすすめるのが良いでしょう。
    NICUを退院するころ/離乳食のこと 参照 )
  • アンケート結果の一部をご紹介します 
    • 離乳食開始時期
    • 2回・3回食の開始時期
    • モグモグ・カミカミ期への移行時期
    • スプーン・フォーク使用
    • マグ・ストロー・コップ使用
    • 大人の食事からのとりわけ
    • 回答者のほぼ全員に、食事中座っていない、走り回ることへの悩みあり
    (出典「大山牧子他,食事アンケート結果から見た極低出生体重児の固形食摂取状況」こども医療センター医学誌2017; 46: 196-201.)
2偏食や好き嫌いを解決するためにアクションを起こさないといけないのはどんなとき? 「いつかは食べる」で大丈夫?
  • 飲んだり食べることの困りごとチェックをしてみよう!(0〜4歳)
    お子さんはあなたにお腹が空いたことを知らせますかいいえはい
    お子さんはあなたから見て十分量を飲んだり食べたりしますかいいえはい
    お子さんに飲んだり食べたりさせるのに(食べるのに)どのくらい時間がかかりますか5分以内 /
    30分以上
    5〜30分
    お子さんを飲んだり食べたりさせるために、何か特別なこと(例:おもちゃ、テレビ、ビデオ、ユーチューブを見せる)をしていますかはいいいえ
    お子さんはあなたにお腹いっぱいだと知らせますかいいえはい
    上記の質問に答えて、あなたはお子さんの食事について心配がありますかはいいいえ
    合計チェック数
    Infant & Child Feeding and Swallowing Disorder Screening Tool (ICFSS) based on the ICFQ. ICFSDS: ICFSDS第7回摂食障害カンファレンス2020より大山翻訳
    ※左側の列のチェックが2つ以上あれば、専門家に相談を!
  • 参考動画「1偏食スクリーニング(0-4歳)」
3そもそもどうして食べてくれないの?
  • パンフレット0「どうしてたべてくれないの?(心の準備編)」
  • 参考動画「2食べない理由(偏食パンフレット0の解説 前編)」
  • パンフレット0「どうしてたべてくれないの?(実践編)」
  • 参考動画「3どうして食べてくれないの 実践編 (偏食パンフレット0の解説 後編)」
4いつ、どこで食べる? 食事の時間と空間の整え方
  • パンフレット2「いつどこでたべる?」
  • 参考動画「4どうして食べてくれないの(偏食パンフレット2 解説1)」

  • 参考動画「5どうして食べてくれないの(偏食パンフレット2 解説2)」
5こんな時どうするの 漫画編 (作成中)
6チューブ栄養の場合はどうするの
  • パンフレット4「たのしく食べる チューブ、ばいばいさくせん」

TOP